C・ロナウド 米国での女性暴行疑惑、嫌疑不十分で不起訴に 

スポニチアネックス / 2019年7月24日 5時41分

ユベントス(イタリア)のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)が2009年6月に米国で性的暴行した疑いで女性から訴えられた事件で、米ネバダ州ラスベガスの検察は22日に嫌疑不十分で不起訴にすると発表。「合理的な証拠にもとづき、性的暴行を立証するには至らなかった」と説明した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング