内村航平、東京五輪1年前に不屈の激白「一生、語り継がれる」伝説を

スポニチアネックス / 2019年7月24日 7時3分

逆境のメダリストよ、立ち上がれ。20年7月24日の東京五輪開幕まで、ちょうど1年。カウントダウンが進む中、表彰台を知る有力アスリートが故障などさまざまな困難と闘っている。肩を痛め4月の全日本選手権で予選落ちした、体操の男子個人総合で五輪連覇の内村航平(30=リンガーハット)も、その1人だ。単独インタビューで明かした夢舞台への思い。「不屈」の2文字を胸に刻み、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング