まさに戦闘開始!息を吹き返した中日、4回までに9安打7点

スポニチアネックス / 2019年8月22日 20時6分

◇セ・リーグ中日―巨人(2019年8月22日ナゴヤD)まさしく“戦闘開始”となった。中日は初回から福田の先制打で2点を奪うなど、打線が爆発した。先頭打者・大島が中堅右への二塁打で出塁すると、1死三塁から福田が中前適時打。「コンパクトにランナーを還せるように意識して打ちました」と笑みを浮かべた。3回には2死二塁からビシエドが16号2ラン。ヤングマンのカーブを左翼席最前列へ運び「上手く対応できた」と喜んだ。4回にも藤井、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング