ナガマツ 日本勢初の大会連覇、フクヒロを“返り討ち”

スポニチアネックス / 2019年8月26日 5時45分

◇バドミントン世界選手権最終日(2019年8月25日スイス・バーゼル)ナガマツが、日本勢未到の領域に到達した。最終ゲーム22―21の場面で、永原のドロップショットが決まる。永原はその場でひざまずき、松本は跳びはねて喜びを爆発。昨年に続いてフクヒロとの頂上対決を制し、全種目を通じ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング