元WBO世界ミニマム級王者・福原辰弥、引退届を提出

スポニチアネックス / 2019年8月26日 11時33分

日本ボクシングコミッション(JBC)は26日、元WBO世界ミニマム級王者・福原辰弥(30=本田フィットネス)が8月11日付けで引退届を提出したと発表した。熊本市出身の福原は2017年2月に暫定王者となり、4月に正規王者に昇格したが、初防衛に失敗。その後、2度の世界挑戦も王座返り咲きは果たせなかった。今月17日には自身のフェイスブックで現役引退を表明していた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング