玉ノ井親方評論 貴景勝は今場所一番の相撲内容、右足にも力が入るようになった

スポニチアネックス / 2019年9月15日 20時14分

貴景勝は休場の原因になった右足にも力が入るようになった。御嶽海戦は立ち合いで低く当たり、もろ手で相手の体を突き起こすようにして前に出た。地力のある優勝経験者に反撃のスキを与えず、あっさりと押し切った。それだけ立ち合いの当たりに威力があったということ。何より、相手より低い姿勢で当たっていたのが良かった。今場所一番の相撲内容と言っていいだろう。御嶽海は5月の夏場所で右膝のじん帯を痛めた時の相手。だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング