貴景勝、左大胸筋肉離れで加療6週間 九州場所出場は明言せず

スポニチアネックス / 2019年9月23日 14時42分

大相撲秋場所千秋楽の22日に左胸付近を負傷した関脇・貴景勝(23=千賀ノ浦部屋)は23日、都内の病院でMRI検査を受け「左大胸筋肉離れ」と診断された。加療6週間で、手術はしない方針。師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)は当初、大胸筋断裂と説明したが、肉離れに訂正した。立ち合いで突き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング