ドラフトでひそかに注目を集める変則右腕 JX―ENEOS・鈴木健矢

スポニチアネックス / 2019年10月15日 13時8分

今年もドラフト会議があと2日後に迫ってきた。指名を待つ選手らにとっては緊張感が一層高まる時期に来ているのではないか。その中でもひそかに注目を集めている変則右腕がいる。JX―ENEOSの横手投げの右腕・鈴木健矢投手(21)だ。木更津総合出身の4年目。もともとは上手投げだったが高校入学後に横手へ転向すると開花。1学年下の早川隆久(現早大)らとともに3年春のセンバツにも出場した。JX―ENEOS入社後は高卒ながら1年目のスポニチ大会で先発に抜てきされた。自チームで都市対抗出場はならなかったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング