巨人・原監督 ドラフト採点は「95点」 上位で補強ポイントの投手指名

スポニチアネックス / 2019年10月17日 19時46分

巨人・原辰徳監督(61)が、今年のドラフト会議を「バランスの良いドラフトができた。もう95点くらいじゃないでしょうか。バランスというか、流れというのがドラフトにはありますしね。そういう点では良かったと思います」と総括した。1位・堀田(青森山田)投手2位・太田(JR東日本)投手3位・菊田(常総学院)内野手4位・井上(前橋商)投手5位・山瀬(星陵)捕手6位・伊藤(酒田南)外野手外れ外れ1位で青森山田の本格派右腕・堀田を指名。2位はJR東日本の即戦力投手・太田という、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング