阪神 育成1位 大商大・小野寺悔し涙「契約金で母にお金を返して手助けしようと思っていたので…」

スポニチアネックス / 2019年10月17日 23時16分

念願の支配下登録は勝ち取れなかった。阪神から育成1位で指名された大商大・小野寺暖外野手(21)。プロの世界へ向けての決意表明となる記者会見では、自然と悔し涙がこみ上げてきた。「支配下で行きたかったです。育成とでは全然違う。奨学金で大学に通っていましたし、契約金で母にお金を返して手助けしようと思っていたので…。テレビで“選択終了”の声を聞くたびに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング