各球団し烈な情報戦も展開 単独1位指名のDeNA&広島は成功

スポニチアネックス / 2019年10月18日 8時32分

◇2019ドラフト会議(2019年10月17日)【ドラフト総括】例年に比べて候補選手の全体数が少ない中で行われた今年のドラフト。各球団のスカウトの腕が試され、し烈な情報戦も展開された印象だ。野手が補強ポイントだった球団は、数少ない実力派内野手をめぐり早めの指名を目指した。DeNAは徹底した情報管理で外れ1位候補筆頭だった桐蔭学園・森の単独指名に成功。1位指名の情報は球団上層部でもごく一部で共有。他球団による当日の事前予想も情報が錯綜(さくそう)しただけに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング