井上尚弥 右眼窩底骨折で「ドネアが2人に…」、想定外危機も勝利つかんだひらめきと冷静判断

スポニチアネックス / 2019年11月11日 9時57分

WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(26=大橋)が、5階級制覇王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦したワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント決勝で右眼窩(がんか)底など2カ所を骨折していたことを公表した。WBSS優勝の代償は大きかったが、ケガを抱えた状態で最後まで戦い抜いたことは、モンスターの凄さをさらに強調する形となった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング