森保ジャパンを迎え撃つ“白い鷹” チケット完売、現地の盛り上がり最高潮

スポニチアネックス / 2019年11月12日 5時40分

日本代表は14日、22年W杯カタール大会アジア2次予選でアウェーでキルギスと対戦する。スポニチ本紙のインタビューに応じた在日大使館のアルスタバン・ミルラン特命全権大使(46)によれば、日本戦は国を挙げたまさに一大イベント。国内の盛り上がりは最高潮のようで、4連勝が懸かる森保ジャパンにとって難敵となりそうだ。森保一監督(51)らは11日未明に現地入り。海外組の一部と国内組を合わせた13人が調整を開始した。キルギスにとっては待ち望んでいた大一番だった。「国民全てがこの試合を楽しみに待っています」と語ったミルラン大使によれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング