メキシコ・カストロ監督 日本に脱帽「序盤の失点を取り返したかったが、その後も何もできなかった」

スポニチアネックス / 2019年11月13日 22時49分

野球世界一を決める国際大会「プレミア12」は13日、東京ドームでスーパーラウンドの第3戦を行い、唯一全勝中のメキシコが日本代表「侍ジャパン」に1―3で敗れ、3勝1敗で日本と並んだ。カストロ監督は「この試合の重要性は十分分かっていた。もちろん勝ちたかった」としながらも「日本はとてもいい試合をした。投手陣も素晴らしかった。連勝を続けたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング