侍J世界一に足で貢献 スカウト語る周東「ここが着地点ではない」

スポニチアネックス / 2019年11月18日 10時28分

16年6月7日。東京ドームで行われた全日本大学野球選手権1回戦、東北福祉大戦で、東農大北海道オホーツクの1番打者・周東は、内野ゴロで一塁到達タイム3・7秒台をマークした。担当スカウトの作山和英スカウトチーフ補佐は「足が速い選手でも3・8秒台。3・7秒台を出した選手は周東が初めてだった」と回想する。体の線は細かったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング