炭谷選手会長、「現役ドラフト」来季導入を強く要望 NPB側は慎重姿勢

スポニチアネックス / 2019年11月20日 16時30分

日本野球機構(NPB)と労組・日本プロ野球選手会の事務折衝が20日、都内で行われ、炭谷銀仁朗選手会長(32=巨人)が「現役ドラフト(仮称・ブレークスルードラフト)」の来季からの導入を強く要望した。現役ドラフトは出場機会に恵まれない選手を救済する制度で、炭谷会長は「その1年で人生が変わる選手もいる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング