31歳で引退ロッテ伊志嶺 これまでも、これからも、その手にストップウオッチを

スポニチアネックス / 2019年12月6日 9時2分

◇決断2019ユニホームを脱いだ男たち(6)いつも手にはストップウオッチがあった。プロ野球の世界でおぼれかけ、生き残るためのもがきだった。ロッテ・伊志嶺はそれが、人生の転機になるとは予想もしなかった。「戦力外になったことより、その後のことが大きすぎた。びっくりして何をしゃべったかも覚えてません」10月3日にさいたま市内の球団施設で戦力外通告を受ける。1軍に呼ばれなかった9年目だ。予想はしていた。他球団での現役続行もぼんやり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング