2度の戦力外…大松尚逸、最後は独立リーグで完全燃焼

スポニチアネックス / 2019年12月9日 10時2分

◇決断2019ユニホームを脱いだ男たち(番外)8月17日のBCリーグ・新潟戦。第3打席。福井の大松は右翼へ飛球を打ち上げ、一塁へ駆けだした。その瞬間。「バキッ」と左膝が破壊される音が体を突き抜けた。「ああ、これはもう無理や。終わったなって。自分で分かりました」。激痛で足を地面に着くこともできない。試合終了後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング