協栄ジム休止…金平会長「私の不徳の致すところ。断腸の思い」

スポニチアネックス / 2019年12月10日 5時43分

国内最多13人の世界王者を輩出した協栄ボクシングジムが9日、プロ活動を休止した。金平桂一郎会長(54)が同日付で東日本ボクシング協会に休会届を提出し、受理された。ジムの実質的なオーナーと会長との金銭、地位を巡るトラブルが理由。代理人によると、14年9月に金平会長と運営会社が委託契約を結び、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング