西武・大石 “理想のコーチ像”天国の森慎二さんのように

スポニチアネックス / 2019年12月13日 8時33分

◇決断2019ユニホームを脱いだ男たち(12)覚悟は決まっていた。戦力外通告を受けた10月3日。「野球を続けるつもりはない」。大石の表情に暗さはなかった。9年間の現役生活を「苦しかった。良い思い出はない。大学までは壁にぶち当たることがなかったが、プロではいろんな壁があった」と総括した。早大では「早大三羽ガラス」として斎藤(現日本ハム)、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング