水谷 4大会連続単五輪出場ならず「このままでは終われない」 団体戦メンバー入り狙う

スポニチアネックス / 2019年12月14日 5時45分

◇卓球ワールドツアー・グランプリファイナル第2日(2019年12月13日中国・鄭州)男子シングルス1回戦などが行われ、16年リオデジャネイロ五輪銅メダリストで世界ランク14位の水谷隼(30=木下グループ)が同6位のウーゴ・カルデラノ(ブラジル)に1―4で敗れ、4大会連続となるシングルスでの五輪代表入りを逃した。世界ランキングのポイントで2番手の丹羽孝希(25=スヴェンソン)を上回ることができなかった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング