日本プロゴルフ殿堂 渋野日向子に特別賞 レジェンド部門では謝敏男&中村兼吉を選出

スポニチアネックス / 2020年1月24日 5時37分

日本プロゴルフ殿堂(松井功理事長)は23日、都内で会見し、第8回の顕彰者4人と渋野日向子に特別賞を贈ることを発表した。レジェンド部門では通算15勝を挙げた台湾出身の謝敏男(シャ・ビンナン)(79)と、33年日本オープン優勝の故中村兼吉を選出。プレーヤー部門では、欧州シニア元賞金王の海老原清治(70)と50歳312日の女子ツアー史上最年長優勝記録を持つ岡田美智子(75)を選んだ。また、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング