ペースメーカー新谷、予定より速く…「責任を感じている」

スポニチアネックス / 2020年1月27日 5時41分

◇東京五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ第2戦大阪国際女子マラソン(2020年1月26日大阪市・ヤンマースタジアム長居発着)19日に女子ハーフマラソンの日本新記録を樹立した新谷(積水化学)がペースメーカーを務めた。1キロごとのペースが予定より2、3秒速くなっていたといい「福士さんや小原さんにペースの速さが影響したと思うので、少し責任も感じている」とコメントした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング