井上尚弥がスパーリング再開 眼窩底骨折は「目の心配?全然なかった」

スポニチアネックス / 2020年1月28日 23時4分

ボクシングのWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(26=大橋)が28日、横浜市内のジムでスパーリングを再開した。日本同級ユース王者・石井渡士也(19=REBOOT.IBA)と5ラウンド。鋭い踏み込みから多彩なコンビネーションを披露、あえて接近して打ち合いに持ち込むなど石井を圧倒した。昨年11月のWBSS決勝で眼窩(がんか)底など2カ所を骨折。それ以来の実戦だったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング