豪栄道「陥落で引退」聞いていた…母・真弓さん「豪太郎」への思い独白「15年間お疲れさま」

スポニチアネックス / 2020年1月29日 9時34分

大関・豪栄道(33=境川部屋)の母・沢井真弓さん(64)がスポニチ本紙取材に思い出を語った。小学1年から相撲を始め、大阪から進学した埼玉栄で高校横綱。角界では全勝優勝も経験した大関の地位の重みから、「陥落したら引退」との決意を抱いてきたことも明かした。負け越しが決まった12日目の朝乃山戦を両国国技館で観戦しました。大阪から行くと言わない方がいいと思って翌日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング