写真

鈴木啓示氏

ヤクルトでリーグ優勝4回、日本一を3回成し遂げた野村克也元監督が11日に虚血性心不全で84歳で亡くなった。選手としても1965年に戦後初の三冠王に輝くなど、実績を残した偉人の死を多くの人が悼んだ。通算317勝を挙げた元近鉄の鈴木啓示氏(72)もその一人。訃報は大阪からキャンプ視察のために向かう沖縄行きの機内で知った。昨年の夏頃、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング