藤井聡太七段 棋聖戦準決勝進出、タイトル初挑戦へあと2!千日手指し直し局で勝利

スポニチアネックス / 2020年3月31日 22時46分

将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が31日、大阪市の関西将棋会館で指された棋聖戦の決勝トーナメント準々決勝で菅井竜也八段(27)と対戦。同一局面を4回繰り返す「千日手」が成立し、無勝負となった後の指し直し局で146手で勝ち、初のタイトル挑戦まであと2勝とした。A級昇級を決めている関西の若き実力者相手の千日手は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング