梨田昌孝氏 新型コロナ感染 重度の肺炎でICUに…ウイルスの猛威球界OBにも

スポニチアネックス / 2020年4月2日 5時41分

近鉄、日本ハム、楽天で監督を務めた野球評論家の梨田昌孝氏(66)が新型コロナウイルスに感染したと1日、マネジメント会社が発表した。重度の肺炎のために大阪府内の病院に入院中で、集中治療室(ICU)に入っているという。倦怠(けんたい)感や発熱を訴えて3月31日にPCR検査を受け、この日に陽性が判明。球界では阪神・藤浪晋太郎投手(25)ら3選手が感染。魔のウイルスは終息の気配すら見せない。梨田氏のマネジメント会社によると同氏が倦怠感を訴えたのは3月25日。自宅で静養していたが28日に発熱、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング