東京六大学野球春季リーグ 5月下旬に開幕延期、1946年春以来の1試合総当たりで開催準備へ

スポニチアネックス / 2020年4月5日 16時33分

東京六大学野球連盟は5日、臨時理事会を行い、新型コロナウイルス感染拡大により春季リーグ戦は通常開催することは困難との判断を下し、開幕日を5月下旬に延期し、1試合総当たりの方式に変更してリーグ戦開催の準備を進めると発表した。今後の感染拡大の状況次第では、無観客での実施やリーグ戦中止の可能性も視野に入れる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング