田中光哉が語るパラテコンドーの世界 目標と夢に向かって歩き続けた怒濤の3年間

スポニチアネックス / 2020年5月27日 8時31分

東京パラリンピックで新競技として採用されるテコンドー。競技歴3年で日本代表の座を射止めた男子61キロ級の田中光哉(27=ブリストル・マイヤーズスクイブ)は、競技を始める前は東京都障害者スポーツセンターに勤務していた経歴を持つ。パラスポーツに精通する田中が、競技の魅力やパラ選手独自の練習方法や、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング