メッセンジャー・あいはら「死の淵を彷徨った。紙一重だった」間質性肺炎からの驚異の回復明かす

スポニチアネックス / 2020年6月3日 18時48分

「間質性肺炎(かんしつせいはいえん)」の治療のため一時休養していたお笑いコンビ「メッセンジャー」あいはら(50)が3日、YouTubeチャンネル「メッセンジャーあいはらのパララジオ」で仕事復帰。「ご心配かけました。帰って参りました」とあいさつし、約33分間、壮絶な入院生活について語った。5月13日の放送(4月29日収録)以来の出演となったあいはら。「2週間も(復帰が)早かった。仕事復帰がまさか今日になるとは」と驚くほどの回復状況だそうだ。当初はかなり重症な肺炎で「死の淵を彷徨った。紙一重だった」ほどだそうだ。入院時に酸素量を計り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング