大野豊氏 広島・森下は並の新人ではない 悪条件下で2失点、試合壊さなかった点評価

スポニチアネックス / 2020年7月10日 5時53分

◇セ・リーグ広島1-5DeNA(2020年7月9日マツダ)【大野豊視点】森下は3度目の登板で最も状態が良くなかった。初回先頭にいきなり四球。特に直球は抜け気味で、いつものコントロールではなかった。いろいろな要因があったと思う。雨の影響で登板予定が変わり、間隔も空いた。プロでは初めてのことで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング