【内田雅也の追球】「流れ」を学ぶ盗塁死 阪神、ヒーローの失敗が招いたヒヤヒヤ

スポニチアネックス / 2020年7月13日 8時2分

◇セ・リーグ阪神2―1DeNA(2020年7月12日甲子園)勝ったからこそ、書いておきたい。何も打のヒーローに水を差すつもりなどない。阪神・大山悠輔は間違いなく殊勲者である。全2打点をたたき出し、4番としての存在感を示した。ただ、誰であっても、あの盗塁死はいけない。1―0から2点目を奪った阪神の8回裏、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング