桐生祥秀 五輪延期は「成長しているので100%プラス」、トラック練習再開 日本記録更新にも意欲

スポニチアネックス / 2020年7月15日 19時23分

陸上男子100メートル前日本記録保持者の桐生祥秀(24=日本生命)が15日、オンラインで取材に応じた。来夏に延期となった東京五輪について「1年1年成長してきているので(延期は)100%プラスだと思う」とし、「五輪への参加資格を得て、しっかり勝負したい。僕が陸上選手である以上、五輪の100メートルの決勝に残って勝負するという目標は今も変わりがない」と語った。新型コロナウイルス感染拡大による自粛期間中は自宅でのウエートトレーニングに加え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング