◇セ・リーグ中日―広島(2020年10月18日マツダ)まずい守備で「レフトゴロ」の珍プレーが起きた。初回1死一、二塁で中日・ビシエドが左翼へフライを放った。左翼手・宇草が捕球したかに見えたが、打球をグラブではじき落球。ただ、二塁走者の京田は捕球したと思い、ハーフウェーから二塁へ帰塁。その後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング