写真

「ミッドナイトスワン」でトランスジェンダーの生きづらさとやさしさを演じた草なぎ剛(撮影・西川祐介)

東京映画記者会(スポーツニッポン新聞社など在京スポーツ7紙の映画記者で構成)が選ぶ第63回ブルーリボン賞(20年度)の各賞が23日、決定した。福島第1原発事故で現場にとどまり奮闘した人々の姿を描いた「Fukushima50」が作品賞に選ばれた。主演男優賞は「ミッドナイトスワン」の草なぎ剛(46)が初受賞。主演女優賞は「MOTHERマザー」など2作で長澤まさみ(33)が連覇を成し遂げた。新型コロナウイルス感染拡大のため授賞式は開催しない。芸能生活30年のキャリアを持つ草なぎにとって、 [全文を読む]

×


トピックスRSS

ランキング