1. トップ
  2. トピックス
  3. スポーツ
写真

<広・神>9回1死二、三塁、同点劇に広島ファンがわく中、勝ち星が消えた藤浪(中央)は呆然(撮影・北條 貴史)

◇セ・リーグ阪神5-6広島(2022年8月6日マツダ)阪神が痛恨の逆転負けを喫して、先発で力投した藤浪の今季初勝利も幻に終わった。右腕は120日ぶりとなる1軍の先発マウンドで7回途中2失点の力投で降板。リードを守ってリリーフ陣にバトンを託したが9回に登板した岩崎が3点を守れず、最後は秋山にサヨナラ打を浴びた。これには虎党も「藤浪の勝ち」と声を揃えツイッターでトレンド入り。藤浪は開幕投手を務めた3月25日のヤクルト戦も7回3失点と好投しながらチームは最大7点リードを守れず大逆転負けを食らっていた。藤浪は近年の不振から脱して復活を期すプロ10年目。試合後は「(7回は)できれば自分が投げ切りたかった… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング