写真

猛威をふるうインフルエンザ

厚生労働省は2月9日、全国約5000カ所の定点医療機関から報告されているインフルエンザの患者数が、2018年第5週(1月29日~2月4日)では1医療機関当たり54.33人となり、3週連続で過去最多を更新したと発表した。また、これをもとにした推計全国患者数は、1週間で282万人、今シーズン(2017年第36週以降)の累積受診者数は約1393万人にものぼるという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング