写真

足立区立中学校が実施した性教育が都議会で「不適切」とされた問題で、東京都教育委員会が「性交渉を助長する可能性がある」と指摘した。これを受け、あるユーザーが5月16日、「赤信号による横断」にたとえて反論した投稿により、議論が再燃している。「産経新聞」によれば、授業は3年生の「総合的な学習」の時間に「自分の性行動を考える」と題し3月に実施されたもの。「高校生の性交渉は許されるか」などをテーマに生徒同士による議論をはじめ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング