サンマ、イカ、タコが日本の食卓から消える!?

日刊大衆 / 2018年6月30日 14時0分

焼いてよし、お寿司にしてよしの秋の味覚が「危急存亡の“秋(とき)”」。一説には、その背景に傍若無人な消費大国の影があるというが……。 日本の食卓を彩ってきた海の幸が大ピンチだ。ここ数年、サンマ、イカ、タコの漁獲量は減少の一途をたどり、価格は大暴騰。漁業関係者のみならず、消費者からも悲鳴が上がっている。中でもサンマの不漁は深刻だ。昨秋は気仙沼の「さんま祭り」が不漁で中止され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング