貴乃花親方と稀勢の里が共闘!? 大相撲「モンゴル互助会」解体計画

日刊大衆 / 2018年9月20日 6時45分

「秋場所前から、横綱・稀勢の里(32・田子ノ浦部屋)の引退を想定し、各紙、相撲担当デスクに“予定稿”の準備を指示していたようです」(スポーツ紙記者) 史上ワーストの8場所連続休場を経て再起を賭けた横綱だが、勝ち越しを決め、なんとか復帰を果たした。 稀勢の里は昨年の春場所13日目に左肩を負傷しながら、強行出場。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング