坂上忍、宮根、古舘…“超悪質”芸能界「パワハラ地獄」の陰湿現場

日刊大衆 / 2018年10月12日 7時0分

「今年の流行語大賞は、“パワハラ”になるかもしれませんね」(情報誌ライター) と言われるように、今年、日本中を席捲したパワハラ。同語は、パワーハラスメントの略語で、権力や立場を利用したいやがらせのことだが、今年は、レスリング、日大アメフト部、アマボクシング、体操など、スポーツ界で次々と、その実態が表面化した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング