写真

画像はイメージです

「この時期は6月からの交流戦を控え、各チーム気合が入る。観戦には最高の季節です」(専門誌記者) 4年連続V逸という球団最大の危機を迎えた巨人には、まさに正念場。チームを再建すべく、3度目の指揮を執る“最後の切り札”原辰徳監督も、決死の覚悟で戦っている。 1974年、原は、実父の原貢監督が率いる東海大相模の野球部に入部。1年生からレギュラーで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング