写真

画像はイメージです

今や国民のソウルフードのラーメンだが、実は、命を削る恐ろしい一面が。今回は、その超危険な食べ方7つを紹介しよう。 まず、「ラーメンはスープまで残さず飲む」。これはもちろん、過剰な塩分が摂取されるから。実際、カップラーメンや袋麺の塩分量は4〜5グラムで、街のこってりラーメンでは8〜10グラムもある。 厚労省が推奨する1日の塩分摂取量は8グラム以下だから、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング