「死ぬ呼吸法」“肺活”で寿命は10年伸びる!

日刊大衆 / 2019年7月16日 6時30分

息切れや咳、痰は肺が弱っている証拠。呼吸法と生活習慣を改善しないと寿命がどんどん短くなっていく!? 最近「肺年齢」という言葉が注目されている。「肺年齢」とは、いわゆる肺活量のことで、これが落ちると、加齢とともに体のあちこちに不具合が出てくるといわれているのだ。 死を早めない呼吸を日常生活で簡単に取り戻す方法、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング