写真

画像はイメージです

天災は忘れた頃にやってくる。先の8月末の佐賀豪雨は、26〜29日の96時間の総雨量が多いところで500ミリを超え、床上・床下浸水1697棟。県内で3人が犠牲になり、1週間がたっても、鉄工所から流出した油の、住居や農作物への深刻な影響をはじめとする被害の全容が見えてこない。 また、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング