写真

画像はイメージです

コロナ禍により、開幕が3か月遅れた今季のプロ野球。異例のシーズンを象徴するかのように、ペナント序盤戦から、多く“緊急事態”が発生している。 まずは、各チームの「主力投手に故障者が続出」。6月26日のオリックス対ロッテ戦。オリックスのエース、山岡泰輔は今季の2試合目、わずか3球を投げたところで緊急降板。翌日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング