写真

10秒05で優勝した山縣亮太【写真:奥井隆史】

■日本一決定戦を制したのは山縣、2着のケンブリッジに0秒09差をつけ優勝陸上のアジア大会代表最終選考会兼日本選手権(山口・維新みらいふスタジアム)は23日、男子100メートル決勝が行われ、山縣亮太(セイコー)が大会タイ記録の10秒05で5年ぶりの優勝。2着は10秒14でケンブリッジ飛鳥(ナイキ)。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング