写真

カルロス・ラモス主審【写真:Getty Images】

■セリーナから暴言浴びたラモス主審、関係者から続々好意的な証言と米紙特集テニスの4大大会、全米オープン女子シングルスを制した世界ランク7位・大坂なおみ(日清食品)。決勝の相手となったセリーナ・ウィリアムズ(米国)はカルロス・ラモス主審に暴言を吐き、ラケット破壊などした後、記者会見で性差別を主張した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング