写真

大坂なおみ【写真:荒川祐史】

■体調不良で武漢OPを欠場、次戦予定の香港OP側が回復願うテニスの全米オープンを制した世界ランク8位の大坂なおみは、「東レパンパシフィック・オープン」の決勝で敗れ、連勝は10でストップ。武漢オープン(23日開幕・中国)もウィルス性の病気で欠場することも発表されたばかりだが、参戦予定の香港オープン(10月8日開幕)サイドはシンデレラガールの回復を祈っているという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング